教員紹介

教授

馬場園 明

詳しくはこちら

取得学位

医学士(九州大学)
臨床疫学修士(ペンシルバニア大学)
医学博士(岡山大学)

専門分野

医療政策、医療経済、臨床疫学、テクノロジーアセスメント健康支援

研究・教育

医療経営管理学とは良い医療を届ける仕組みに関する学問である。研究はおいては、医療経営管理を改善するための仮説を作り、検証する研究を行っている。学生には、自分で課題を決定し、事実を根拠として論理を構築させることにより問題解決能力を高める支援をしている。また、高齢者医療と介護の支援や疾病予防事業などで社会貢献をしており、「何をどうしたら良いか」をEvidenceで示せるように支援している。 修士課程:疫学・統計学を修練によって身につけ、医療を改善するためのエビデンスを明らかにできるための教育を行っている。修士ゼミ(疫学・統計学、診療報酬、研究会)は火曜日6限。
博士課程:DPC、レセプトデータベースから仮説に応じたデータセットを作成し、適切な統計学方法を用いて解析し、英文で論文を執筆する教育を行っている。医療経済学ゼミは火曜、1,2限、水曜3限、薬剤疫学ゼミは木曜1,2限、データ解析ゼミは、木曜3限。

研究キーワード

高齢者ケア、日本型CCRCモデル、ホームベース型健康支援、電子レセプト、DPCデータ、医療の質、疾病管理、患者自己負担、医療経済学、医療政策学、医療経営管理学

ページの上部へ戻る

教授

萩原 明人

詳しくはこちら

取得学位

医学博士(大阪大学)
公衆衛生学修士(ミシガン大学)

専門分野

社会疫学、臨床疫学、医療コミュニケーション学

研究・教育

  • ・わが国の医事紛争の原因および処理のあり方に関する基礎的研究
    キーワード:医事紛争,訴訟,処理,原因
  • ・わが国の医療者-患者間コミュニケーションに関する研究
    キーワード:医師,患者,関係,コミュニケーション 2001.01~.
  • ・信号検出分析法を用いた労働ストレスと身体的・精神的健康度の関係に関する研究
    キーワード:信号検出分析法,労働ストレス,ソーシャル・サポート,身体的健康度,精神的健康度 2000.01~.
  • ・信号検出分析法を用いた高齢入院患者の転倒防止プログラムの開発
    キーワード:信号検出分析法、高齢者、入院患者、2003.10~.

著書

  • 1.Akihito Hagihara,A signal detection approach to grouping participants for tailored work-site weight-loss programs.,Nova Science(New York),2005.12.
  • 2.信友浩一、萩原明人,ヘルスコミュニケーション,九州大学出版会,1998.11.
  • 3.萩原明人,日本医師会医療安全推進者養成講座 紛争・訴訟予防論,日本医師会総合政策研究機構,第1章第2節「コミュニケーション論の理論的視点」(pp10-34),2000.09.
  • 4.萩原明人、小田巻美里,ペイシェンツ・アイズ,日経BP,2001.05.
  • 5.Akihito Hagihara, Koichi Nobutomo, Health care in transition, Nova Science, New York, Edior: Mary N SmythVolume: 2Economic incentives and adherence to antihypertensive teratment among Japanese patients (pp.145-158),2003.03.

ページの上部へ戻る

教授

鴨打 正浩

詳しくはこちら

取得学位

医学士(九州大学)
医学博士(九州大学)

専門分野

臨床疫学、予防医学、疾病管理学、急性期医療、医療の質、老年医学

研究・教育

研究においては、医療情報を統合し、患者状態を含む臨床アウトカムに影響を及ぼす因子を網羅的に検索している。臨床アウトカムを改善するために、それらの因子に介入することで医療を最適化する研究を行っている。臨床疫学研究を通じて、エビデンスの構築に貢献するとともに医療の質の改善に寄与することを目指している。学生には、様々な形式で存在する膨大な医療情報を処理、統合、データベース化し、疫学的手法を用いて解析し、情報を発信できる能力を身につける指導を行っている。

研究キーワード

臨床疫学、医療情報、疾病管理、医療の質、プライマリケア、予防医療、急性期医療、高齢者医療

ページの上部へ戻る

准教授

鮎澤 純子

詳しくはこちら

取得学位

薬学士

専門分野

医療安全質管理、ヘルスケア・リスク・マネージメント

活動概要

「医療の質の確保」が「医療の効率化」と共に切実な課題であるという認識のもと、「マネジメント」の視点を基本に据え、「医療の質」の体系的な整理と、目指す「医療の質の確保」と「医療の効率化」の実現に向けた医療現場の組織論からの整理を通して、本講座の目的である高度専門職業人の育成に向けた教育・研究を行うとともに、厚生労働省ならびに医師会、日本看護協会などの社会活動に参加している

活動概要

  • ・国際的な事故防止・安全管理、ならびにリスクマネジメントの動向に関する研究
  • ・医療機関におけるリスクマネジメントの構築に関する研究
  • ・医療機関における医療安全管理体制の構築に関する研究
  • ・「患者参加の事故防止」のあり方に関する研究
  • ・医療事故防止に関する研究
  • ・医療機関のガバナンスの研究
  • ・キーワード:医療法人、ガバナンス、理事会、株式会社参入論、医療法2002.04~

ページの上部へ戻る

准教授

福田 治久

詳しくはこちら

個人HP

https://sites.google.com/site/hcamfukuda/

取得学位

商学士(慶應義塾大学)
社会健康医学修士(京都大学)
社会健康医学博士(京都大学)

専門分野

医療経済学、医療経営学、感染制御学、医療安全学、医療政策学、ヘルスサービスリサーチ

研究・教育

医療経営管理における諸課題に対して,実社会に適用・応用し,改善するための研究・教育を行なっている.そのために,個別学問の深化・応用よりも問題の発見と解決を志向し(Discipline-drivenではなく,Issue-driven),問題点の定量化のための指標を開発し解決策の効果を正しく評価するための実証研究を重視している(測定無くして,改善無し)。

ページの上部へ戻る

助教

松尾 龍

詳しくはこちら

取得学位

医学士(九州大学)
医学博士(九州大学)

専門分野

臨床疫学、医療経済、予防医学、急性期医療、脳卒中学、老年医学

研究・教育

近年の医学、医療の進歩に伴い、医療人は個別の疾患に対応すだけでなく、社会における枠組みのなかで医療を行うことが求められる。臨床疫学の視点から医療の現状を明らかにするとともに、医療の質や医療経済を考慮した、医療のあり方について考えていきたい。

研究キーワード

医療情報、疾病管理、医療の質、プライマリケア、予防医療、急性期医療、高齢者医療、医療経済学

ページの上部へ戻る

助教

小野塚 大介

詳しくはこちら

所属

Department of Health Communication
(医療コミュニケーション学分野)

専門分野

Environmental Epidemiology(環境疫学)
Infectious Disease Epidemiology(感染症疫学)
Emergency Epidemiology(救急疫学)

研究・教育活動

  • ・Environmental Health(環境保健学)
  • ・Medical Statistics(医療分析学)

社会活動

World Health Organization (WHO), Regional Office for the Western Pacific (WPRO), Short Term Consultant (Surveillance Officer), 2009.

編集委員会

  • ・Scientific Reports, Editorial Board
  • ・Advances in Epidemiology, Editorial Board
  • ・Annals of Food Processing and Preservation, Editorial Board
  • ・Journal of Environmental Medicine, Editorial Board
  • ・Journal of Family Medicine and Disease Prevention, Editorial Board
  • ・International Journal of Dermatology Research and Therapy, Editorial Board

ページの上部へ戻る