アドミッションポリシー

高度専門職業人の養成と言う本専攻の目的を踏まえて、課程修了後の現場における貢献度・創造性・実現可能性の資質と能力を有する者を選抜の対象としている。前期試験の科目は、外国語(英語)、小論文、面接試験、後期試験の科目は、学力試験(専門基礎知識)、小論文、面接であり、これらの科目に出願時に提出を義務付けている志望理由書も含めて、それぞれ100点満点で、総合得点の高いものから順に選抜している。ただし、1科目でも60点未満の科目があれば不合格となる。前期と後期の科目が異なる理由は、英語は医療経営・管理学の知識の習得において重要な科目であるが、英語を選抜科目とすると医療職を幅広く選抜することができなくなるためである。そのために後期試験は学力の担保として学力試験(専門基礎知識)の一部に英語の問題を入れ、選抜科目として課している。

 

カリキュラムポリシー

教育課程は、疫学・生物統計学等を基盤に、医療政策・医療経営・医療管理・医療コミュニケーションの分野を加えて構成し、医療・保険に関する幅広い問題について特色ある総合的な教育を行なうためにカリキュラムを編成している。授業科目は「医療学基礎科目群」「共通基礎科目群」「必修専門科目群」「選択専門科目群」に分けられている。「医療学基礎科目群」は、医学・医療に関する基礎知識を教育するものであり、非医系学生(医学科、歯学科、薬学科、保健学科、看護学科以外の学科の卒業者)に対しては必修科目となっている。「共通基礎科目群」は公衆衛生学の共通の基盤となる「医療保障法」「医療行政学」などが含まれている。「必修専門科目群」は「医療政策学」「医療財政学」「医療経営学」「医療管理学」「医療コミュニケーション学Ⅰ」「疫学」「医療統計学」「環境保健学」「演習Ⅰ」「演習Ⅱ」からなり、公衆衛生および医療経営・管理の専門職を養成するために不可欠な科目である。「選択科目群」は、主に医療経営・管理に必要な幅広い領域をカバーするものになっている。

 

ディプロマポリシー

医療政策(目的、仕組み、関連法規、現状の問題点)、医療経営(目的、経営戦略、経営組織、事業計画、マーケティング)、医療管理(目的、組織管理、安全管理、医療の質の管理、人事管理、財務管理)、医療コミュニケーション(目的、技法、阻害要因、医療紛争の予防)について、専門的知識を習得しており、医療経営・経営管理の実践において中心的役割を担える。また、医療の問題意識を常に持ち、自ら進んでその問題を解決していこうという志向をもち、現場の問題点を分析・結果を把握し、具体的に対策を組み立て、採択された対策の再分析と結果を把握するなど、医療の質の改善のための不断のサイクルを回すことができる。さらに、コミュニケーションを通じ、根拠をもとに周囲のスタッフと現場の認識を共有し、改善に向けた共同作業を行いながら、自身も組織も成長していこうという志向性を持つ。そして、利害関係者の多様な利害を調整し、コンセンサスを得るプロセスを担うことができる。