専門職学位課程

文部科学省採択事業

教育の質と向上支援プログラム

当専攻の「医療の質の改善のための評価教材の開発-診療プロセスで発生するデータを用いた医療の質の改善を図る教育教材の開発-」が平成23年度 九州大学教育の質向上支援プログラム(EEP)に採択されました。詳細はこちらから。

教材紹介

タイトルをクリックして下さい。(PDFファイルが開きます)

平成20年度
「専門職大学院等における高度専門職業養成教育推進プログラムに採択されました!

文部科学省が、この度発表した「平成20年度専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム」に、『医療経営の問題解決能力を高めるプログラム』が採択されました。

取り組み名称
医療経営の問題解決能力を高めるプログラム
-測定、推計、設計することによってPDCAサイクルを回し、医療の問題解決を図るプログラムの開発事業-
目的及び趣旨
医療環境の急激な変化にともない、医療関係者が疲弊し、医療が成立しえない状況が起こっています。そこで、医療の需要と供給のミスマッチを改善し、医療政策、経営、管理、コミュニケーションを改善するために、測定、推計、設計によってPDCAサイクルを回し、医療関係者の問題解決能力の向上に資するプログラムの開発を行います。本取組においては、平成18年度法科大学院等専門職大学院教育推進プログラムに選定された「医療経営・管理学ケース教材開発・実証事業」の成果を踏まえ、医療政策担当者コアプログラム、医療経営担当者コアプログラム、医療のリスクマネジメント担当者コアプログラム、医療コミュニケーション改善コアプログラムの開発を行います。更に、医療経営・管理に関する指標を作り、PDCAサイクルを回す技術を身につけることによって、医療関係者の問題解決能力を高め、広く専門職大学院における教育の質の向上に資することを目指します。
実施体制
共同取り組み大学:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 衛生学・予防医学分野
連携機関:福岡県・福岡県国民健康保険団体連合会・社団法人福岡県看護協会
プログラム概要・詳細
詳細はこちらから。

ケース教材紹介

ケース教材・講義内容を見るには、タイトルをクリックして下さい。PDFファイルです)

馬場 園明 米国のCCRCのケース 医療政策学講義
荒木 登茂子 ケースメソッド英国のCONTACTのケース ケアコミュニケーション学講義
尾形 裕也 急性期病院の経営戦略(熊本中央病院) 医療政策学講義
萩原 明人 米国のEHPのケース 医療行政学講義
鮎澤 純子 「ある急性期病院の経営戦略病院管理論」
医療安全管理論(特別選択科目)講義
桑原 一彰 病院Xのケース 医療分析学講義

法科大学院等専門職大学院教育推進プログラム

本プロジェクトは、「日本の特色ある代表的な医療機関を対象としたケース教材の開発と本専攻の講義などにおけるケースメソッドによる教育の実践」及び「海外の医療機関を対象としたケース教材の開発と海外の教育機関(ビジネススクール)におけるケース教材・ケースメソッドに関する情報収集」を事業の柱として、本専攻のみならず広く専門職大学院における教育の質の向上に資することを目指すものである。詳細はこちらから。

USIとは

USI(九州大学ユーザーサイエンス機構)とは、平成16年度 文部科学省科学技術振興調整費「戦略的研究拠点育成プログラム」に採択されたことを受け、九州大学の全学機構として設立されたものです。

尚、研究チーム・コアメンバーとして、当講座の馬場園教授・荒木教授・萩原教授・桑原准教授・九州大学大学院人間環境学研究院の山口教授が中心となり、患者の立場に立ったコミュニケーションと医療安全を提供するユーザーサイエンスとして、「医療環境プロジェクト」を進めています。

ユーザーサイエンス機構についての詳しい内容は、下記をご覧下さい。
http://www.usi.kyushu-u.ac.jp/index.php

プロジェクトタイトル
『患者の立場にたったコミュニケーションと医療安全を提供するユーザーサイエンス』